一言に水商売といっても、大衆店から高級店まで色々な種類があり、ナイトワークを始めたい方やキャバクラ求人を探している方には不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方のお悩みを解決するため、代表的な業種を紹介します。

キャバクラについて

まずはキャバクラです。水商売の中で最もメジャーで人気の業種ですね。お店の数が他に比べて圧倒的に多いため、どんな方でも自分にあったお店を探しやすく、気軽に働けるというのが大きな特徴です。ニュークラブや朝キャバ・昼キャバはキャバクラとシステムはほとんど同じで、違いはキャストのレベルや営業時間帯くらいです。


高級クラブ・ガールズバー

高級クラブは大きな繁華街に多数存在します。その名のとおりキャストのおもてなしも高級なものが求められますので、水商売で最も敷居が高いです。次にガールズバー。時間設定による会計というシステムはキャバクラと同じですが、女性はカウンター越しでお客様を接客します。料金はキャバクラに比べると安く、女性は私服やお店が用意した制服の場合が多いです。キャバクラよりもより気軽におしゃべりを楽しみたいという感じの業種です。


ラウンジについて

最後にラウンジ。こちらもキャバクラの高級バージョンのようなものですが、キャバクラが基本的にお客様と1対1の接客なのに対して、ラウンジは複数のお客様に1人のキャストがつくという感じで、料金も時間制ではなく1席いくら1ドリンクいくらという場合が多いです。


いかがでしたでしょうか?とても大まかな説明になってしまいましたが、まずはネットでいろいろと調べてみたり、求人情報を確認してみてはいかがでしょうか。そして、お店や仕事内容に興味を持ったら、体験入店や短期のお仕事からはじめてみることをオススメします。きっと貴女にあったお店が見つかることでしょう。